葬儀は何日続くもの?

こんばんは。今日は大掃除でした。今日終わるかな?と思っていましたが、終わりませんでした。明日こそ終わらせます。
今日と明日しかやる暇がありませんから、旦那も強制的に大掃除です(笑)
ちょっと大き目の棚を作ってもらって、車庫を片付け、自分の道具類を片付けてもらいました。大方の服も捨てたり売ったりです。明日は絶対に終わらせます!

さて、近頃葬儀系の調べ物をすることが多く、気になったことを挙げていこうと思います。
『葬儀』と一口に言っても、たくさんの種類があります。それぞれの日程って、どうなっているのでしょう?
従来の通りに執り行えば、通夜、葬式、告別式と日程としては三日間かけて行いますよね。
『直葬』や、『簡易葬』、『家族葬』など様々ですが、やはり日程が一日だったり、二日だったり、
もしかすると、日程なんてものではなく、何時間。というものもあるかもしれません。
人の死も、『非日常であるように』と願いを込めて作った習慣も失われつつあります。
その習慣を作った頃の人口と比べると、今はものすごく増えていて、世の中にとっては『非日常』ではなくなったのかもしれませんね。
慣れてはいけないことなのですが、毎日テレビでもどこの誰が亡くなった。と報道しています。
葬儀も日程も様々ですが、弔うことをしない。という世の中にはなってもらいたくないものです。